悲しいことに。

この虚しさは、
一体いつになったら消えてくれるんだろう。


あの時、
あんなに、
わたしのことを想ってくれていたのに、

そう信じていたのはわたしだけで、

あなたには、
最初からそんな覚悟がなかったのかな。



信じられるところがね、
もう、
どこにもないんだよ。
悲しいことに。
[PR]
by colorsof365days | 2010-02-28 22:18
<< 早春の午後 夢じゃなかったら >>